事業承継

フィンポートは多数の企業を30年以上にわたり支援してきた実務経験と、会計と税務の専門的な知識、暖かく誠実な人間力を持った専門家として、多くのお客様の事業承継を支援しています。

事業承継により、大切な企業を後継者に継ぎ、企業を永続的に発展させていくことができます。
企業は顧客へ安定した供給を続け、従業員の雇用も守られ、後継者も豊かな人生を実現していくことができます。
事業を譲渡した経営者も適正な対価を得て、新しい人生を充実させていくことができます。

後継者が、ご親族の中にいる場合、役員や社員の中にいる場合、外部の企業に会社を譲渡する場合、により、それぞれに適した事業承継があります。
いずれの場合も早い段階から準備を開始し、長い期間をかけて進めていくことが事業承継を成功させます。

「まだ具体的にはなにも決まっておらず漠然とした考えや思いがあるだけ」のところからでもOKですので、ぜひフィンポートへご相談ください。
早い段階から専門家に相談し、共に準備を進めていくことで、事業承継の成功を実現することができます。


1.ご親族への事業承継

お子様などご親族への承継では、①経営の承継(後継者育成)と②株式など財産の承継の2つが必要です。

2.役員・社員への事業承継

会社の役員や社員へ事業を継ぐ場合は、①後継者の選抜と育成、②会社株式の承継の2つが必要です。
②株式の承継では、種類株式や持株会社、社員持株会を活用する方法もあります。

3.M&Aによる事業承継

ご親族や社内に適任者がいない場合、信頼できる会社にM&Aによって事業を譲り渡し、会社を永続的に発展させていくことができます。

M&Aによる事業承継とはどういうものか、自社のM&Aは可能か、その場合の譲渡価格や取引条件はどうなるか、といったご相談も承ります。

M&Aが現状では難しい場合も、経営改善を進めていくことで、M&Aの対象となる会社へと変わっていくこともできます。