会社を買うとき

M&Aで会社を飛躍的に成長させることができます。
そのぶんM&Aには難しさがあります。
正しい手順を経ることで、M&Aを成功させることができます。

フィンポートは、成功するM&Aを実現します。

成功するM&Aの3ポイント

  • 買う会社を、よく調べる → ①財務デューデリジェンス
  • 高すぎない値段で買う → ②企業価値評価
  • 買ったあとの経営統合をしっかり行う → ③経営統合(PMI)

① 財務デューデリジェンス

  • 買う会社の財政状態と収益力を調べます。
  • 外からだけでは分からない、会社の本当の力が見えてきます。
  • この会社を買う利点はどこにあるか?も見えてきます。

  • 良いデューデリジェンスは、②企業価値評価、③M&A後の経営統合にもつながります。
  • フィンポートは会計・税務・経営の専門力で、M&Aを成功させるデューデリジェンスを提供しています。

財務デューデリジェンスの料金

② 企業価値評価(株価算定)

  • 買う会社の適正価格はいくらか?を評価します。
  • (1)収益力、(2)類似取引価格、(3)財政力から算定することが、一般的な評価方法です。
  • 単純に数字と計算式を使って算定するのではなく、それぞれの会社の収益力や特性を見極めたうえで評価する必要があります。
  • 日本公認会計士協会「企業価値ガイドライン」に沿い、さらにフィンポート独自の知識と経験を加え、最適価格を算定します。

企業価値評価の料金

③ PMI(M&A後の経営統合)

  • M&Aの成功のためには、買う前と、買ったあとも重要です。
  • 「M&A後も前の経営陣に任せ、干渉しない」では、M&Aは成功しません。
  • 従業員と経営陣を十分尊重したうえで、目標と方向をそろえ、企業文化を統合していくことが必要です。管理体制の補強も必要です。
  • M&A前のデューデリジェンスからPMIの準備を進め、M&A後すぐに新体制をスタートし、PMIをつづけていくことが理想です。
  • フィンポートは財務デューデリジェンスからM&A後に至るまで、M&A成功のためのPMIのサポートを提供しています。

PMIの料金

④ PPA(取得価格配分)

  • 上場会社のM&Aでは、PPAの会計処理が必要です。
  • PPAは、会社の株式を取得して連結決算に取り込む際に、株式取得対価を、対象会社の時価純資産に配分する会計処理です。
  • フィンポートは会計基準と税法を踏まえて、「のれん」や「識別可能資産及び負債」の扱いなど、会計処理のコンサルティングを提供しています。

PPA・取得価格配分とは

PPAは、M&Aにより会社の株式を取得して連結決算に取り込む際に、株式取得対価を、対象会社の時価純資産に配分する会計処理です。パーチェス・プライス・アロケーションを略してPPAといいます。

配分しなかった差額は「のれん」になりますが、まずは「識別可能資産及び負債」に配分することが必要です。その結果、配分できなかった差額があるときに「のれん」が計上されます。

識別可能資産及び負債とは
  • 対象企業の貸借対照表に計上されているか否かを問いません。
  • 日本の会計基準により認識される資産・負債に限定されます。
  • 法律上の権利なども、分離して譲渡可能な無形資産は、識別可能資産とし、資産計上します。
  • 「分離して譲渡可能な無形資産」とは、企業または事業と独立して売買可能なものであり、売る意思は問われません。
  • 分離して譲渡可能であるためには、その資産の独立した価格を合理的に算定できる必要があります。
のれんに計上された場合の会計処理
  • のれんは資産計上後、20年以内(効果の及ぶ期間)で、定額法などにより規則的に償却されます。
  • のれんは無形固定資産の区分に、償却費は販売費及び一般管理費に計上されます。
  • のれんの金額に重要性が乏しい場合、のれんが生じた事業年度に費用処理できます。
  • のれん未償却額は、減損処理の対象となります。
  • 負ののれんは、生じた事業年度に特別利益に計上します。
資産に配分された場合と、のれんに計上される場合の差
  • 資産に配分されたものはその資産の減価償却を通じて、のれんに計上されたものはのれんの減価償却を通じて、それぞれ費用化されます。
  • 償却方法や償却年数が異なる場合、連結の損益の差になります。

PPAの料金