フィンポートの人材育成

知識の多い人を育てる

会計と税務の専門家として、知識が多いことは、とても大事なことです。
人柄や実務経験も大切ですが、知識の多さこそが、お客さまに価値を与えられます。

知識は、本を読んだり座学の研修を受けることで、身につきます。
フィンポートの人材育成では、知識の習得に力を入れています。仕事をする以外に、知識を増やすための時間をしっかりとることを大切にしています。

  • 社内研修
    • 入社時研修
    • 定期研修
    • 年3回の土曜研修会
  • 外部研修
    • 公認会計士:日本公認会計士協会の研修
    • 税理士:税理士会の研修
    • 社員全員:会計教育研修機構(JFAEL)の研修受講

実務経験を増やしていく

知識を実務に活用していくためには、実務経験も必要です。

経験豊富な上司とチームを組み、OJT(実地指導)を受けながら、幅広い種類の業務に携わっていくことで、経験を高めていくことができます。


誠実な姿勢を育てる

お客さまの信頼を得て、お客さまの永いご発展に貢献するために、誠実に仕事にのぞむ姿勢が不可欠です。

そのためには、良い人柄を持っていること、その資質を磨いていくこと、両方が必要です。