組織化とDX

フィンポート会計グループがスタートして1か月が経ちました。

法人化のお祝いにいただいた胡蝶蘭が今日もいきいきと咲いていて、見かけるたび気持ちが上向きます。

法人化して社名が変更になっただけでなく、内部でも様々な変化がありました。

社内の会計や人事の業務を、主にアシスタント職が組織的に担当する体制になり、業務でクラウドとデジタルを積極的に取り入れています。

経理業務、勤怠管理、給与計算、請求書発行業務などですべてクラウドサービスを利用するほか、消耗品などの調達についてもフローを整理し、キャッシュレス化しました。
電子帳簿保存法への対応はシステムが未対応でまだできていないのですが、そのような試行錯誤も楽しみながら、DX化を進めていく予定です。

まずは自分たちがいろいろ実験的に先行して試してみて、得られた安定的な成果をお客さまにフィードバックしていけたらと思っています。

バックオフィス業務担当としてアシスタントもクラウドサービスの導入やフロー設計などに関わらせていただいていますが、打ち合わせでいろんな方の意見を伺うと、まだまだ古いやり方にとらわれてしまっていると気づかされることもしばしばで、頭を柔らかくしてしっかりついていきたいと思っています。

会計事務所なので、公認会計士や税理士などの有資格者が前面に出る仕事ではありますが、組織の運営をアシスタント職が縁の下の力持ちとして牽引していきます。
アシスタント職の役割が大きく広がり、責任重大ではありますが、やりがい抜群です。

そんなこともありフィンポートでは、アシスタント職の積極的な採用を行っております。
一緒に試行錯誤や学びを楽しめる方をお待ちしております!


スタッフブログは3か月に1回+随時の更新を予定しています。
パートナーブログCEOブログもあわせて、ぜひご愛読ください。